まろりかモンスター

パソコンだいすき♡ 雑記ブログです!

お酒とチョコレートは健康面でも相性抜群?お酒のおつまみにはチョコレートが合う!

お酒のおつまみにチョコレートを食べたことはありますか?

私はチョコレートが好きなので、お酒のおつまみにチョコレートを食べることがよくあるのですが、 何やらチョコレートとお酒の組み合わせは健康面にもいいらしいので、調べてみました。

お酒とチョコレートの組み合わせは健康にいい?

お酒とチョコレート

チョコレートが胃にいい!

チョコレートに多く含まれるポリフェノールが、アルコールによる胃への負担を軽減させてくれます。

ポリフェノールが過酸化脂質の発生を抑えてくれるので、胃への負担を軽減させてくれるのです。

なお、甘すぎるチョコレートは胃の粘膜を刺激してしまうようなので、 甘すぎずどちらかというと苦目のチョコレートが胃には良いです。

チョコレートが肝臓にいい!

チョコレートはアルコールを摂取することで起こるかもしれない脂肪肝をおさえてくれることがわかっているようです。

ポリフェノールの強い抗酸化作用で肝臓に発生した活性酸素を消してくれるとのことです。

ダークチョコレートが特にオススメ

チョコレートに多く含まれるポリフェノールが、アルコールによる悪影響を軽減させてくれることがわかりました。

ポリフェノールはチョコレートを構成しているカカオによるものなので、 カカオを多く含んだチョコレートの方が健康に良いです。

また、苦いチョコレートほどお酒の味とよく合うので、通常のチョコレートよりもダークチョコレートが特におすすめです。

最近は高カカオチョコレートと呼ばれている、カカオ率高めのチョコレートもたくさん売っているので、 ダークチョコレートが手に入りやすくなってます。

そもそも高カカオチョコレートが健康に良い

お酒のおつまみにチョコレートを食べることは健康にいいことがわかりましたが、 お酒のおつまみにかぎらず、通常のおやつとしてもおすすめです。

カカオを多く含むチョコレートは、カカオが多い分ポリフェノールも多いため、 血管を柔らかく血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

また、通常の甘みの強いチョコレートだと糖分が多いので特に食べ過ぎには注意ですが、 カカオ率高めの高カカオチョコレートは、カカオの良質の脂質のため太りにくいようです。
もちろん食べ過ぎには注意ですね

もっとチョコレートの良さを知りたい人は、チョコレートでも有名な明治の以下のサイトでチョコレートの効果についてもっと知ることできます。

チョコレートに合わせるとより美味しくなるお酒

お酒イメージ

お酒とチョコレートを一緒に取るのは健康のためだけではありません!

チョコレートはお酒の味を引き立ててくれて、よりおいしくお酒を飲むことができます。

特に苦目のチョコレートと甘めのお酒がとてもよく合います。

人の舌は、苦さの後の甘いものを通常よりも甘く感じるようにできているので、 お酒の甘さがより引き立ちますよ。

ビール × チョコレート は?

すっきりとした辛口ビールとはあまり相性がよくありません。

チョコレートと合うビールは、黒ビールや柑橘系風味のものがとてもよく合います。

個人的にはチェリービールとチョコレートの組み合わせが最高に美味しいです。

ワイン × チョコレート は?

ワインも辛口なものよりも甘口なワインがチョコレートによく合います。

また、すっきりしているワインよりも濃厚なワインの方がより合います。

そのため甘口の赤ワインやシャンパンがおすすめです。

ウイスキー × チョコレート は?

ちょっと苦目のチョコと甘みのあるウイスキーを一緒にすると、 ウイスキーの甘さを一層感じるためとてもおいしく感じます。

ウイスキーはどれも濃厚で甘みのあるものばかりなので、 多くのウイスキーとチョコレートは合います。

ウイスキーが苦手な人でも、チョコレートと一緒に組み合わせてみたら おいしく召し上がれると思います。

日本酒 × チョコレート は?

個人的には日本酒とチョコレートの組み合わせはそこまで好きではありません。

ただやはり、辛口のものより甘口の日本酒の方がいいです。

辛口の日本酒はおすすめできず、日本酒の風味がかき消されてしまいます。

おわりに

お酒のおつまみにチョコレートが良いことを紹介しました。

健康にも良いし、組み合わせによってはお酒の味も引き立つので相性がいいですね。

お酒のおつまみにチョコレートを食べたことない人は是非試してみてはいかがでしょうか。