MENU
まろりか
昔から何かを作るのが好きで、趣味の延長で当サイトの運営に至っています。普段はIT会社でプロジェクトマネージャーとして奮闘中ですが、プラベートで当サイトを運営しています。

クーベルチュールチョコレートって何?カカオ分に条件があった!【製菓用チョコレートや高級チョコレート】

クーベルチュールチョコレートとは

クーベルチュールチョコレートって知ってますか?

チョコレートを探していると、時々見かける「クーベルチュール」という言葉。

どんな意味があるのか調べてみたのでご紹介します。

目次

クーベルチュールチョコレートとは

クーベルチュール(couverture)の言葉そのものの意味ですが、フランス語で「カバー(覆い)」という意味だそうです。

ケーキやお菓子のコーティングに使われることから、こう名付けられたのでしょう。

クーベルチュールチョコレートの条件

クーベルチュールチョコレートの条件はCODEX国際規格で以下のように定められております。

クーベルチュールチョコレートの条件

  • 総カカオ固形分35%以上
  • ココアバター31%以上
  • 無脂カカオ固形分2.5%以上

参考:CODEX国際規格クーベルチュールチョコレート(pdf)

なお、他のクーベルチュールチョコレートについて説明しているサイトでは、「ココアバター以外の代用油脂は使用不可」と記載があるものが多いですが、
CODEX国際規格ではその記述が見つかりませんでした。

英語のwikipediaにも「ココアバター以外の代用油脂は使用不可」といった旨は記載されていません。

しかし、
日本語のwikipediaには記載されているので、これが原因かな?

なお、日本ではCODEX国際規格に厳密に従ったものであるとは限らず、
製菓用のチョコレートや高級品チョコレートの意味合いで使われることもある
ようです。

そもそもカカオ分とは?

カカオ分とはチョコレートを構成しているカカオの割合のことです。

カカオといってもカカオを構成する物質はさらに分けられて、最終的にはココアバターやココアパウダーに分かれていきます。

ココアパウダーにも微量のココアバターが含まれている点も要チェックですね。

クーベルチュールチョコレートの用途や特徴

製菓用

クーベルチュールチョコレートはココアバターが多く含まれているので、
通常のチョコレートよりも溶けやすいです。

また、溶けたクーベルチュールチョコレートをキレイに固めると光沢を放ちます。
薄く固めることもできるので、お菓子やケーキなどのコーティングにも利用できます。

おやつやデザート用

口溶けが良い!

クーベルチュールチョコレートの条件の1つがココアバター31%以上ですが、
そのココアバターがなめらかな口溶けを演出してくれます。

ココアバターは溶け出す温度が体温よりも少し低いため、
口に入れるとしっかり溶けてくれます。

香りが良い!

クーベルチュールチョコレートにはカカオ成分が多く含まれているため、
カカオの香りが強くなります。

カカオ分を構成するカカオマスはココアバターとココアケーク(ココアパウダー)に別れますが、
ココアケークがカカオの香り出します。

そのため、カカオ分といってもココアケークの割合が大きいチョコレートほど、
カカオの香りが良く出て、またカカオの風味が増します。

おわりに

クーベルチュールチョコレートについて紹介しました。

クーベルチュールチョコレートと名乗るにはしっかりした条件があることがわかりましたね。

チョコレートを探す時の1つの知識として知ってると得すると思います。

https://www.marorika.com/entry/cacao-choco-health

目次
閉じる