まろりかモンスター

パソコンだいすき♡ 雑記ブログです!

ホワイトチョコはなぜ白い?なぜ甘い?ポリフェノールはほとんど含まれてなかった!

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコってなぜ白いか知ってますか?

「普通のチョコレートは茶色なのに、なんでホワイトチョコレートは白いの?」、 「どうして普通のチョコレートと味が違くて甘いの?」なんて疑問に思っている人に向けて、 ホワイトチョコレートについての豆知識をご紹介します。

ホワイトチョコレートはなぜ白い?

答えはホワイトチョコに含まれているカカオ成分にあり

ホワイトチョコにはカカオが含まれているのですが、 カカオの中でも「ココアバター」のみが含まれています。

チョコレートで思い浮かぶ茶色の色はカカオの「ココアパウダー」に由来しています。 そのため、「ココアバター」だけを含むホワイトチョコは茶色ではないのです。

ホワイトチョコには「ココアパウダー」は含まれておらず、 含まれているのは「ココアバター」だけなので色が茶色ではないのです。

「ココアバター」は精製されると白くなるので、ホワイトチョコは白いのです。

カカオの「ココアバター」以外の部分とは

カカオの構成要素は以下の図を見てもらうとわかりやすいです。

カカオの種子であるカカオビーンズから皮などを取り除いたものがカカオマスと呼ばれ、 そのカカオマスを圧縮すると「ココアバター」と「ココアパウダー」になります。

ホワイトチョコには「ココアパウダー」は含まれず、「ココアバター」が含まれます。

ホワイトチョコにはポリフェノールが含まれていない?

ホワイトチョコレート

チョコレートの栄養素といえばポリフェノールが思い浮かぶと思います。

このポリフェノールなのですが、ココアバターにはほとんど含まれておりません。

つまり!ホワイトチョコレートにはほとんどポリフェノールが含まれていないということです。

それすなわち、ポリフェノールのありがたい健康効果である血圧低下や動脈硬化予防、美肌効果などが期待できないことになります。

ホワイトチョコはなぜ普通のチョコより甘い?

前述の通り、ホワイトチョコレートには「ココアパウダー」が含まれていません。

「ココアパウダー」は苦味成分含んでいますが、 その苦味が無い分、ホワイトチョコはより甘く感じます。

普通のチョコレートにあるカカオの苦味はホワイトチョコにはほとんどないので、 砂糖やミルクの味が相対的に強くなります。

おわりに

ホワイトチョコレートがなぜ白いか、なぜ甘いかについてご紹介しました。

これからホワイトチョコを食べる時、 「ココアパウダー」が含まれていないことを意識して食べてみてはいかがでしょうか。

http://www.marorika.com/entry/couverture-chocolate

http://www.marorika.com/entry/cacao-choco-health